ピルでニキビ改善の効果がある

ピルにはニキビ改善の効果があるといわれています。
そもそもニキビというのは、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモン過多という状態に陥ることで、発生しやすくなってしまうものです。
そのため、ピルによって女性ホルモンを増加させることで、ニキビ改善を目指すことができるのです。
さらにピルによって女性ホルモンを増加させることで、ニキビの予防にも効果があるのです。
このようなことから、ピルでのホルモン治療が、ニキビの再発率を大きく減少させてくれる根本治療として、重要視されているのです。
しかし、このニキビ改善方法は、必ず医師の指導のもとで行うことが大切になってきます。
ときどき、ダイアン35といった、ニキビ改善に効果があるピルを個人輸入で入手されて使う方がおられます。
ホルモンバランスを変えてしまう薬品を、自分の判断で使うのはとても危ないことなのです。
きちんと専門医の処方をうけて、さらに服用する期間が少しでも短期間ですむように管理をしなければ、副作用のリスクが出てくるからです。
必ず、ホルモン治療を行っている皮膚科に相談をして、処方をしてもらうことが大切になってきます。
ニキビの治療方法にはいろいろとありますが、抗生剤で炎症をとめたり、面皰圧出で毛穴内部の皮脂を除去するといった方法は、対症療法にしかならないのです。
いったんはよくなったとしても、すぐにニキビが発生してしまい、同じことの繰り返しとなってしまうのです。
しかし、ピルを使用したホルモン治療は、ニキビの発生原因ともなっている男性ホルモンそのものを抑制するので、ニキビの再発を予防する根本治療になるのです。
ピルを服用することで、ニキビ改善につながるのは紛れもない事実です。