多毛症を改善する方法について

多毛症は明らかに異常であると医師が診断するほど、体毛がある部位に濃く生えている病気で、特に女性にとっては大きな悩みになります。
この多毛症を改善する方法はいくつかあります。
まずハーブを使う方法です。
女性が多毛症になる原因は、体質的あるいは遺伝的なものからホルモンバランスによるものまで様々です。
その多くが男性ホルモンが深く関わっており、男性ホルモンの分泌が異常だったり、男性ホルモンの分泌は正常でも影響を受けやすかったりします。
ソウルバルメットやイラクサ、セイヨウニンジンボクなどのハーブが、男性ホルモンの抑制や黄体形成ホルモンの改善に役立つとされています。
ハーブ治療は、抗ホルモン剤やホルモン補充剤に抵抗がある人に適しています。
また、レーザー治療で改善する方法もあります。
レーザー脱毛は、他の細胞には影響しないで特定の色素細胞の毛乳頭や毛法幹細胞だけを選択して破壊します。
レーザー脱毛は、他の脱毛法と比べて時間や費用、頻度の点から効率が良い方法です。
さらに多毛症を改善する栄養素もあります。
まず、ビタミンB6です。
ビタミンB6は、女性が月経のときにホルモンバランスを調節する働きがあります。
レバーや玄米、マグロ、ブロッコリーなどに多く含まれています。
ビタミンEも不足するとホルモンバランスが乱れると言われます。
ビタミンEは体内で作ることができない栄養素なので、食事を通して摂取します。
アーモンドやとうもろこし、抹茶などが含有しています。
さらにマグネシウムは、ビタミンEと同様にホルモンを分泌する臓器を正常に機能させる働きがあります。
マグネシウムは、青のりやアーモンド、インスタントコーヒーに多く含まれています。