気になる女性の多毛症について

多毛症とは、毛の本数が増えることではなく、軟毛が硬毛に変化する症状のことをいいます。
軟毛は、軟らかくて色が薄く、細く短い毛で、硬毛は、色素を多く含んだ硬く長い毛ですが、頭髪・眉毛・まつ毛・陰毛・成人男性の髭などは、硬毛です。
多毛症は、男性ホルモンが過剰に作られてしまったり、男性ホルモンに対する反応が強くなって発症するといわれていますが、女性の場合は、男性ホルモンが卵巣と副腎で作られるため、卵巣または副腎の疾患で多毛症になり、多嚢胞性卵巣症候群が最も多い原因だといわれています。
また、アトピーの治療によるステロイド剤の副作用や下垂体異常などが原因となる場合もありますが、最近は、体質によって多毛症になる女性も多いようです。
症状は、女性の場合も、口のまわりの毛が太くなって髭のようになり、胸・腹・腕・太腿などの毛も硬毛になります。
これらは女性にとってはとても辛いことで、人目も大変気になること思いますが、毛深いことと多毛症は同じではないため、多毛症であるかどうかは、婦人科で診察を受ける必要があります。
ある程度の原因は血液検査でわかり、ホルモン治療で治る病気なので、心配はいりません。
卵巣などに疾患があると、不妊の原因になってしまうこともありますので、とにかく自己判断は禁物です。
また、気になるからといって勝手な判断で脱毛をしてしまうと、反対に濃くなってしまうこともありますので、わずかでも多毛症が疑われる場合は、必ず婦人科で診察を受けるようにします。
多毛症治療は、保険で行えますので、費用面においても安心です。
エステティックサロンなどでの脱毛も、婦人科の指示に従ってから行うようにします。
体毛が気になる場合は、まずは婦人科での受診です。